2012年2月 6日

【災害復興支援にご協力を!】

【おうちで眠っているTシャツ、ありませんか?】
昨年の東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた宮城県女川町で40人近くのママたちを組織し、布わらじをつくっているグループがあります。
『ママサポーターズ』 といって、八木さんという小さいお子さんを抱えたママが代表をされている団体です。八木さんご自身も被災し、仮設にお住まいです。
もともとはわかめ養殖やあわび漁(おそらくは、海女さん)をされていた方たちが津波で仕事をなくし、その復興の足がかり、または新しい仕事として活動しています。
しかし布わらじを製造するにあたり、ぞうりの原料であるTシャツが足りず困っているそうです。
40人も作り手がいるため、箱単位で原料がすぐになくなってしまうそうです。原料がなくなる=生産ラインが止まる、という状況のため、原料確保が急務となっています。
 【 おうちで眠っているTシャツ、ありませんか? 】
サイズ、汚れ、柄、生地 など一切不問です。
 (ただ、ラメやビーズなどが付いているものは除いてください)
ぜひ、がんばっている女川のママたちに寄贈してあげてください!
「メールフォーム」でご連絡いただければ、回収に伺います。
皆様のご協力、お待ちしています!