2013年3月 5日

東京マラソン体験記③

本番2日前の22日に、東京ビッグサイトにゼッケンを貰いに行った。事務的に終わるのかと思いきや、広いビッグサイト一杯に関連ブースが立ち並び、さながらお祭りのよう。

スポンサー各社のブースでサンプルを貰ったり、公式記念品を購入した。完走メダルを入れるケースも購入してしまった。(おい、おい。完走するつもりか?)後でトラブルとなるとも知らず、エアーサロンパスを購入し準備完了。

会場周辺も東京マラソンモードに入っており、モチベーションが大いにアップ。 あさっては、必ずここへ帰ってきてやるぞと、決意を新たにしたのだった。

マラソン当日は、朝6時に起床し、入念にストレッチ。「なんとか、痛まずにゴールまで行ってくれよ」と、念じながら。

朝食にはお餅を3ヶ入れたカップ麺の天ぷらそばを食べ、カーボローディングもバッチリ。サプリメントを5種類飲み、尾山台駅から、いざ出発。

ランニングシューズは履きなれたものを。ウェアは今日の気温を考え、3枚重ねとした。気温は7度の予報。自分としては、8度が好みなのだが、北風が強くなければ7度でもOKかな。

ゼッケンを付け、シューズにはICチップ、ウォークマンにエネルギー補給のゼリーも持ち、ドリンクも500ccを2本持参、駅前のローソンでランチパックを購入。ミネラル入りの塩アメと、完走を目指すためには、良いとされることは全てせねば。

最寄の駅は新宿だが、どうせ新宿駅のトイレは大混雑だと思い、ひと駅前の代々木駅で下車、駅前のベローチェでモーニングコーヒーを飲んで、店内のトイレで用を足し、いざ都庁へ。

都庁周辺は完全に道路が封鎖され、ゼッケンをつけた人だけが入場できるようゲートが設けられていた。それにしても、ヒト、ヒト、ヒトばかり。案の定、仮設トイレはどこも長蛇の列であった。

荷物を預け、(10tトラックが40台もいるーーー)指定されたスタートのブロックへ向かおうにも長蛇の列。自分のHブロックへ5分かかってたどり着いた。Hブロックの後ろはJとKブロックのみ、後ろから1万人位のスタートか?

私の前には陽気なブラジル人4人組が、、、、。カメラを向けられたのでしょうがなくピースサインをした。
ここは後ろの方なので、かつ、道路が直角に曲がっているので、スタート地点のセレモニーが見られない。でも、スピーカーで音だけは聞こえるので、何をやっているかは分かった。それにしても、西新宿は高層ビルだらけで陽が当らない。寒いぞー。早くスタートしてくれーーーーー!
(つづく)