最後のメッセージ

スカウト諸君!
 ”ピーターパン”の劇を見たことがあるなら。海賊の船長がいつも「死に際の演説」をしていたのを覚えているだろう。船長は死に直面した時に、時間がなくて演説できない事を恐れていたからだ。私は今、この瞬間に死ぬわけではないけれども、そう長くは生きられないので、船長が演説したのと同じ理由で君たちに別れの言葉を送りたい。
 これは、君たちへの私の最後の便りになるだろうから、よくかみしめて読んでくれたまえ。
 私は、非常に幸せな生涯を送った。君たちみんなにも同じように幸せな一生を送ってもらいたい。
 私は、私たちが幸せになり人生を満喫できるようにと、神様がこのすばらしい世界に生まれさせて下さったのだと信じている。
 金持ちになることや、社会的に成功すること、自分の好き勝手をすること、幸福はそういうことから得られるわけではない。幸福に近づく一つの方法は、少年のうちに体をたくましく健康にすることだ。そうすることで君たちは大人になった時役に立つ人になれるし、人生をエンジョイできる。
 身の回りの自然を観察すると、我々が人生を満喫できるよう、神は美しいもの、すばらしいものに、いかに充ち満ちた世界をお創りになったことがよくわかる。今与えられているものに満足し、最善をつくし、物事の暗い面を見ないで明るい面を見るようにしたまえ。 
 しかし、幸福を得る本当の方法は、幸福を他の人に与える事にこそある。この世の中を、君たちが生まれた時より少しでも良くして後世に残すように努力したまえ、そうすれば、自分が死ぬ時、とにかく自分は一生を無駄にしないで最善を尽くしたのだという満足感で死ぬことができる。
 このように「そなえよつねに」を実践したまえ。
 ---幸福に人生を送り幸福に死ぬために
 いつもスカウトのちかいを守りたまえ。
 ---少年であることを止めてしまった後々においてさえ
 そうすれば、神様もきっと君たちを助けて下さるだろう。 

君たちの友

ベーデン・パウエル

BP署名

(訳:世田谷5団)