育成会・団規約

  • (名称)
    第1条 本会は、「ボーイスカウト世田谷第5団育成会」(以下「育成会」)と称する。
  • (事務所)
    第2条 育成会の事務所は育成会長宅に置く。
  • (目的と責務)
    第3条 育成会は、世田谷第5団の活動に必要な全ての費用を調達すること。育成会員相互の親睦を図ることを目的とする。
  • (会員)
    第4条 世田谷第5団各隊スカウトの保護者と指導者および団委員を正会員とする。
  • (会費)
    第5条 正会員は育成会費を支払うことを義務とする。但し、子弟のスカウト登録のない指導者および団委員はこの限りではない。
  • (副会員)
    第6条 世田谷第5団に関わった者で、育成会の目的に賛同し協力を惜しまない者を副会員とする。
  • (事業)
    第7条 育成会は第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。(1)育成会はバザーを開催することができる。育成会員の中より選出された委員によりバザー委員会を構成し、実施する。(2)世田谷第5団の活動を支援、協力する。(3)会員相互の親睦を図るための活動をする。
  • ( バザー)
    第8条 バザーの売上金は、事故対策費としての使途に限定するものとする。但し、総会で事前に承認された場合はこの限りではない。
  • (総会)
    第9条 育成会は年一回総会を開催する。また必要に応じ団委員会あるいは正会員2分の1以上の要求により臨時総会を開催することができる。
  • (総会の招集)
    第10条 総会は育成会長が招集する。
  • (総会開催の通知)
    第11条 総会招集の通知は開催10日前までに正会員に送付するものとする。
  • (総会の構成)
    第12条 総会は正会員を以って構成する。
  • (総会の議長)
    第13条 総会の議長は育成会長がこれにあたる。
  • (総会の議事進行)
    第14条 総会の成立は正会員の過半数(委任状を含む)を以って成立する。但し、育成会・団規約の改正は正会員の3分の2以上(委任状を含む)の同意を要する。可否同数の場合は議長の決定による。
  • (総会の専権事項)
    第15条 総会は次の事項の決定、承認および選任を行う。(1)前年度、各隊、団、育成会の活動報告および収支計算書。(2)団委員の選任。
  • (事業計画及び予算の承認)
    第15条2 次年度、各隊、団、育成会の活動計画案および収支予算案の承認は、育成会役員が行うものとする。
  • (団委員の補充)
    第16条 活動年度の途中で団委員の補充が必要な場合は、団委員会は育成会総会の承認を経ずに補充ができるものとする。 ただし、その際は、補充した団委員の氏名を団報に掲載し、周知しなければならない。
  • (団委員長の選任)
    第17条 団委員長は、団委員の互選により選任される。
  • (団委員会)
    第18条 団委員長は、団務全般を統括し、団委員会および団会議を招集する。団委員会は、次の役務を担当する。(1)各種行事の実施と協力(2)スカウト活動の普及と拡張(3)その他ボーイスカウト日本連盟教育規定の実施。
  • (団委員会の構成)
    第19条 団委員会の構成は次の通りである。団委員長1名副団委員長若干名団委員若干名会計若干名
  • (育成会役員の構成)
    第20条 育成会の役員は次の通りとする。育成会長1名、副育成会長若干名、書記若干名、会計若干名、会計監査2名以上
  • (スカウト)
    第21条 入団希望者は団委員長に申し込むものとする。入団希望者は次の事項を守らなければならない。(1)保護者が、ボーイスカウト運動を理解し入隊に同意していること。(2)団面接を受け許可されたもの。(3)保護者が団費を負担でき、団および隊の活動に協力できること。
  • (休隊、退団)
    第22条 スカウトが一時的に休隊しようとするときは、隊長に届出てから団委員長に提出するものとする。退団する時も同じ手続きをしなければならない。
  • (活動費)
    第23条 当団に所属するスカウトは活動費(義務費、隊費)を支払う義務を負う。休隊するスカウトには、休隊届を提出した翌月から復隊した前月までの隊費の全額、および育成会費の半額の支払いを免除する。
  • (指導者)
    第24条 隊長および副長はボーイスカウト日本連盟教育規定に基づく資格を有した者を、団委員会が任命する。ただし、これから資格を得る意思のある者はこの限りでない。
  • (制服)
    第25条 指導者の制服は団より貸与する。
  • (指導者の退団)
    第26条 退団しようとする指導者は、退団する3か月以上前に退団届を団委員長に提出するものとする。
  • (派遣費補助)
    第27条 当団に所属するスカウト、指導者が国内および国外に派遣される場合は、費用の一部を団より支給する。支給額は団委員会において決定する。
  • (その他)
    第28条 本規約に定めのない事項については、ボーイスカウト日本連盟教育規定の該当事項を適用する。
  • (活動・会計年度)
    第29条 当団の活動および会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。
  • 昭和40年2月1日改定
  • 昭和56年4月1日改定
  • 平成2年12月15日改定
  • 平成3年9月15日改定
  • 平成6年9月11日改定
  • 平成13年9月30日改定
  • 平成19年9月30日改定
  • 平成22年10月3日改定
  • 平成26年10月5日改定

▲ ページの先頭へ